2009年 12月 19日

GNO2の任務と成長ポイント

今作戦はニンマーをしている。
ニンマーとはわたしの造語で、任務をする人である。

理由はシンプル。この調子でいくとハイランカーになる気がちらっとしたため。ハイランカーのVP値は異常なので、まだいきたくないですwww

で、任務をしているわけだ。

といっても、別に通常や中期をちょいちょい放り込むだけ。特殊任務はあまりやらない。それでも、わたしは作戦終了後も任務はしない人なので、なかなか新鮮である。

おかげで、昔からずーっと気になっていたことがあったんだけど、その謎が解けたんだな。

今日はそんな話。

引退前も多少は任務していたんだけど、そのころからMP組の部隊ってのは「単純な強さ」でいうと、VP組よりもちと弱いように思っていたのだね。

むろん、特殊任務なら一機制限機をモリモリ入れて殲滅するし、期間任務も制限機をけっこう積んでドーピングしてくるので、遜色なく強いのだけど、命中率や回避率がVP組よりも弱いのだな。見ていると。

MPはVPのように固定化されたフォーマットで育成する必要もないので、わりとラフに育てているからかなーと思っていたのだが、それだけじゃない、ってのがやっとわかった。

これはこれで興味深い結果なので書いておこう。
常識な話かもしれませんけどwwww

GNO2は1戦闘が終わると、以下の成長ポイントが付与される。
・隊長パイロット:+3
・部下パイロット:+2
※厳密には、これに撃墜数によるボーナスが入るけど今回は割愛。

なので、こなした戦闘回数が低いと同じレベルでも成長ポイントが低くなるのだね。すなわち、なるべく数をこなすことが重要である。

ここまでは知っていたのだけど、任務をしていると、以外とこれがバカにならないことがわかった。

通常任務を眺めていると、だいたい1戦闘10分程度という感じである。それが3回なので、30分かな。

30分で3戦するわけだけど、野戦だと最速6戦やってるはずなんだよね。ということは、任務1回についき1戦ぶん損しているわけ。

これを成長ポイント差に計算するとこうかな。(隊長/部下)
通常: 3戦=  +9/  +6
中期:15戦= +45/ +30
長期:60戦=+180/+120

デカい!
特に長期!!!

作戦期間が8日として、毎日1回ずつ長期を回すと+1440/+960の差が発生する。

能力値を70とすると、1~2Pt程度の差になる。5作戦すぎると、7~8Pt差。

これは、あくまでも長期だけを見た場合である。中期であっても、8日間で合計16回だとすると、+720/+480。能力値70とすると、0.5~1Pt程度の差。5作戦後には4~5Pt程度の差か。

つまり、長期を1日1回、中期を1日2回のペースで回し続けると、5作戦後には12Pt程度の差がついていることになるのかな。ラフな計算なので誤差はかなりあると思うけど、けっこうなポイント差が出るのは間違いないだろう。

ニンマーの部隊に対してわたしが感じていたことは、これが理由なのだろうな。

この結果から、作成期間外で任務をする場合でも、VPが本業の場合は通常か特殊だけにしておいたほうがいいなーと。長期やる人はいないだろうが、中期については寝るときくらいに抑えておいたほうがよいかもな。

通常任務については100回やってやっと+900/+600である。VP屋が100回超えるほど通常を回すことはないだろうから、無視してもよいレベルではないかと。

ってだけの話。
[PR]

by netnetnet_78 | 2009-12-19 02:02 | GNO2(更新終了) | Comments(2)
Commented by カツヤ at 2009-12-19 13:08 x
クール開始時の初期ポイントも少ないんだよ。
MP上位とVP専門でやってた人は1200くらい差がある。
Commented by オニミキ at 2009-12-19 16:41 x
>カツヤさん
1200っていったら、かなり差がありますよね。特に序盤は。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< FF13のプレイムービーを見た。      FF13がかなりレジェンドらしい件 >>