2009年 10月 31日

あー、くそ。傑作ってレベルじゃないぞ、これ「向日葵の咲かない夏」

今日は本当のところ、スポーツジムについて書くつもりだった。
でも、そんなもの中止だ中止。

今ここで、これをぶちまけなければ、わたしの胸の内は破裂してしまうだろう。それくらいの傑作に出会った、というか、ぶち当たった、というか、はね飛ばされた。

もう頭がぐらんぐらんして、今日はこのことしか考えられない。

今まで読んできた本のどれとも違う斬新すぎる衝撃。ああ、世の中にはこういった切り口のシナリオも許されるのか。世界はそこまで広い器量を持つのか。



向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)
道尾 秀介
新潮社
売り上げランキング: 13988



向日葵の咲かない夏。

なんつーか、ヤバい。ヤバすぎる。これ書いたやつ、頭キレすぎだよ。
すげーよ、よくこんなの書けるよ、思いつくよ。

最初は展開がたらたらしていた。★2くらいかな。それが読み進めるうちに★3となり、★4となり、最終的には★5となってしまった。

なんなんだろう。まずジャンルが斬新だ。
ホラー・ミステリーというのだろうか。

ホラーというと、サスペンス系で、なんかキ○ガイ系の人に命狙われる感じなのだけど、これはクラスメイトの首つり死体と、その死体が消えた謎を追う感じなので、ミステリである。

死体が消えること自体は、別にただのミステリでもよくあることなのだけど、この小説の異常たるところは、その脇を固める人物たちの特異性である。

・主人公をゴミのように扱うお母さん
・クモに生まれ変わったクラスメイト
・怪しげな宗教に入れ込んでいるお婆さん
・少年好きの男子教師

などなど。
マトモな人間がひとりもいないんじゃないか、というくらいのラインナップである。

この世界観の異常さが、読者をだんだんと狂った世界へのドライブへといざなっていく。怒濤の展開となるのは中盤を過ぎたあたりからかな。

かろうじて正常点でとどまっていた物語の、その前提条件が一気に崩壊する。

この手のやり口は、実は斬新ではない。類作はある。ただ、ここまで徹底的にやりきったのははじめて見た。ここまでやれるのか。ネタバレするので書かないがね。

ついていけねーよ!!! と叫びたくなる言葉を押さえながらも、次々と書き換わる真実の解釈を追いかけ続けてしまうのだな。

読んでいて何度か吐きそうになるほどにきわどい作品だが、その破壊力は折り紙付き。読んだあとは、もう呆然とするしかない。台風に吹き飛ばされた世界を眺めるようにね。

などと書きながらも。
別にオススメしませんw

あまりにも濃すぎるから。この濃さは「バトルロワイアル」みたいな、好き嫌いがはっきりする系と同じにおいがする。だから、万人におすすめはできない。わたしの宣伝文句に惹かれるものを感じた人だけ読んでみてくださいw

ホラーを描くのに、包丁も、チェーンソーもいらない。
人の狂気があればそれで充分。

人間が本当は一番コワイ。
それがよくわかる作品だ。

この小説にはひとかけらの救いもない。そんな甘いものはいない。
残るのは絶望と狂気だけ。震えるほどにバッド・エンドだ。










。。。もう今日はこれしか考えられないとか書きつつ、実は、この記事を書いた後、ガンダムの0083をみて、もう今、頭の中は0083でいっぱいだったりwwww


このアナベル・ガトーは3年待ったのだァッ!
カッケーwwww

シンプルで熱いのもいいなw
[PR]

by netnetnet_78 | 2009-10-31 18:07 | 読書感想


<< の、喉がいたひ      さらば愛しの××× >>