2009年 10月 10日

DTMのエフェクトってSUGEEEEE!

DTMは奥が深いですね。
最近はエフェクトってのを勉強してます。

作った音に残響感やら音響アップみたいな効果を施すことです。
言ってみれば、音のお化粧です。

ギターのギュイイイイイン!!!
ってやつもディストネーションとかいうエフェクトでやっちゃうんですよ。

知らんかったw
あれって、エレキギターはそう鳴るものだとずっと思ってたよ。

DTM用のソフトでMusicMaker2を買ったので、そのあたりを調べてみたんですけど、このエフェクトってのが、ものすげーすごいんですわ。

音の調子が変わる変わるw

前に作った曲はミクの歌声に適当にかけてただけで、曲自体そのまんまだったんですね。で、今回はいろいろと聴きながら、全体にエフェクトを掛けたんですよ。

いやー、音って変わるんですねえw
音の奥行きというかなんかいろいろと変わります。

基本的には以下の3つが必須みたいです。
・イコライザー (低音・中音・高音のどこを強調するか)
・コンプレッサー(音を大きくする)
・リバーブ   (残響感をつけて、音に深みを増す)

こんなに曲の感覚がかわるなら、なんか高級ヘッドフォンとかがいる、みたいなのはちょっと納得できますね。耳が命! みたいな。雰囲気が変わりすぎて笑った。

ちなみに、わたしは安物のコードレス・ヘッドフォンなので、ザーッって雑音が入りまくって聞こえますw 

ダメじゃん!
いや、だって、コードレス楽だからね。。。

これからDTMはじめようって人がいましたら、上記の3つのエフェクトの使い方をまず勉強すると良いかと思います。

ホント、がらっと変わってすごく面白いですよ。
[PR]

by netnetnet_78 | 2009-10-10 23:39 | 雑記 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< Don't say l...      原始最強の劣化が激しすぎる件 >>