2009年 09月 10日

ぱーふぇくと・ふぃにっしゅ!

わたしがやっかいになっているエクセレント・カンパニーには食堂がある。

この食堂、量・種類ともに豊富ながら非常にリーズナブル。300円程度払えば、それなりに満足のいく食事ができる。

さすがはエクセレント・カンパニーが採算度外視でやっているだけある。吉野家と本気で勝負しても、余裕で勝ちそうな勢いである。

味もそこまで悪くなくリーズナブル。薄給のわたしのエンゲル係数の低下に大いに役立ってくれた愛しの食堂。そんな食堂ともいよいよお別れである。無念。

この食堂はお金をチャージしたカードで支払いをする。暇人のわたしは、そのお金を0円ジャストにして終わらせるのが趣味だった。

さて。
ある日。

ラストを0円でかざろうとしたら。
カードを見るとこのようになっていた。

b0028685_2356151.jpg


カード サイハッコウ ネガイマス

うーむ。満タンである。
もう1行あると思っていたのだが、ここまでいくと、メッセージが表示されるらしい。

このカードを見ながら思った。

そうだ。

最後に、成し遂げるしかあるまい。
パーフェクト・フィニッシュを。

わたしはパーフェクト・フィニッシュの計画を立てた。

・チャージした料金は0円まで使い切り、残金を持ち越さない
・0円表示は、必ず、その行の右すみとし、空欄を作らない
・最後の1行まできっちりと表示する

さあ!
わが力を示すとき!

48日のときを超え、今、僕は最強のカードをここに刻む!

b0028685_23561974.jpg


パーフェクト・フィニッシュ!!!!
YEEEEEEAAAAAHHHHHHHH!!!!!

赤枠はすべて0円である。
そして、最後の枠は

ツイカ コウニュウ ネガイマス

感心したね。
なにがって?

最後が0円かどうかで、ちゃんとメッセージを場合分けしていることだよw

単に端っこまできたら「カード サイハッコウ ネガイマス」を出しているだけだと思っていたら、お金が0円かどうかをチェックして「ツイカ コウニュウ ネガイマス」に切り替えているわけだ。

この行のこの場所を0円で決めてくる、ごく少数の人間のためだけに、わざわざ例外処理を作っているんだなw 開発したプログラマーの「こんなケースいらねーだろw」という声が聞こえてきそうだ。

ウハハハハハハw
君たちの苦労は正当に報われたぞ。わたしが踏み抜いてやったからなw

ちなみに、このあたりの0円によってチェックがうんぬんという話を同僚にしたら「職業病ですね、それ」といわれた。

あれ?

パーフェクト・フィニッシュを達成し、これで今の職場への未練がまたひとつなくなった。いやー、気分がいいねえw
[PR]

by netnetnet_78 | 2009-09-10 00:00 | 雑記 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< お別れのココロ      ネットで面白かったもの >>