2009年 08月 19日

ダーツボード設置

知り合いから贈り物が届いた。
知り合いが使い古したダーツボード。

届いた、というより、送りつけられてきた。

その贈り物のメッセージは明白だ。
やるから設置しろ。クズが。

これは命令ではない。
これは。。。任務だ!

むっちゃ考えたよ。
だって。マンションですよ?

普通は壁に穴を開けて設置するのだけど、
それはできないわけでして。

さらに重さは5kgですよ。
新生児より重いじゃねーか。

というわけで、オニミキさん考えたねー。
どうすればマンションに設置できるか?

その不可能命題に挑む、オニミキの姿に刮目せよ!!!






b0028685_029298.jpg


設置!

意外といけるものである。

タオルをあちこちに敷いているのは衝撃干渉のため。ダーツ着弾時に発生するボードと木材のこすれる音にたいして結構な消音効果がある。

設置手順はこんな感じ。

本棚と壁の間に突っ張り棒(というか棚。30kg耐性)を渡し、そのうえにダーツボードを固定する木の枠組みをのっけることにした。

先日、本棚をわざわざ動かしたのはこのためである。
どうしても、70cmくらいの隙間が必要で、わずかに足りんかった。

裏。

b0028685_0295579.jpg


作成手順はこんな感じ。

1.木の板Aに対して、ボードの留め具をつける
2.木の板Bに木の板Aを直角になるよう木工用ボンドで貼り付ける
3.L字金具で接着面を補強する

ちょ~簡単。
値段は

木の板  :600円*2
突っ張り棒:1000円
釘類   :100円*2

くらいだったかな。
合計2400円くらいと大変お安い工事費である。

ポイントは突っ張り棒かなあ。。。

写真でもわかるように、幅広の棚っぽい突っ張り棒を使っているのだけど、最初は文字通り棒のような突っ張り棒を使っていた。

で、その棒で支えていたのだけど、これが大変こころもとない感じで、ずりずりと突っ張ることができなかった。

設置面積って大切なんだねえ。

あとL字金具もエライ。

L字金具を最初つけなかったんだけど、ボードの重さに引っ張られて、接着面の木がバリバリと割れて焦った。木工用ボンドで補修し、金具で止めたらビクともしなくなった。

すげーなー。人間が昔から使っているものって、やっぱ、それなりに効果があるんだねえ。

上記の苦難を乗り越え、わたしも家でダーツが投げられるように!
さて。がんばるか。
[PR]

by netnetnet_78 | 2009-08-19 00:34 | 雑記


<< ネトゲ廃人の朝は早い      動け☆本棚! >>