2009年 06月 17日

麻生くんと鳩山くん

鳩山くんが更迭されてしまったわけです。
鳩山くん。。。

鳩山くんは興味深い人物です。自分の信念に潔い人という感じがします。

彼は総務大臣で、総務大臣のお仕事には死刑執行にサインするというのがあります。

普通の総理大臣は尻込みしたり、わたしは死刑に反対などとよくわからない信条をかかげて、そのお仕事を放棄したりします。でも鳩山くんは違います。これは仕事だからとサインしていきます。

基本的には一本気な性格のようで、今回の郵政トップの再任を否認したのも打算というより事故の政治信条によるものでしょう。

四角張った考え方であるため、政治屋としては敵が多そうな人物ですが、それでも意見をはっきりいう姿には好感をもっており、内心では応援しておりました。

その鳩山くんが更迭、そして郵政トップが再任となりました。
その結果、麻生くんの支持率は急落しました。

徐々に支持率が回復していたこともあり、これは麻生くんにとって頭の痛い展開でしょう。
では、麻生くんは鳩山くん更迭でどうなるか、という先を読み間違えたのでしょうか。

否と思います。
さがるのは折り込みずみではないでしょうか。

日本国民は善悪論でものを考えがちです。
今回の場合、悪の郵政トップvs善の鳩山くんというわかりやすい構造ができておりました。損か得かではなく、善と悪の対立で世間からは理解されていました。

あ、前もって断っておきますが、わたし自身も郵政トップが再任した場合の損得を知らなかったりします。

この構造で鳩山くんを更迭した場合、明らかに支持率は下がることなど、優秀な政界のブレーンは見越していたはずです。にもかかわらず、なぜこういった選択をしたのだろう、と考えます。

やはり、それは次の選挙を見越してのことではないでしょうか。

郵政といえば、郵政票という大票田でもあります。今のトップを支持した場合、この郵政票が動くような、そんなやりとりがあったのかなーと邪推してしまいます。

要は一般の浮動票の支持率が下がるより、固定票である郵政票を優先した、そのように思うわけです。でないと、この時期に支持率が下がるような行動をとると思えません。

それが麻生くんの考え方ではないでしょうか。

今回の件に関しては、鳩山くんが正しいのではないか、と思います。なぜなら、民営化を目指しているから大臣が権限を行使してはいけない、というのが口上となっておりますが、現時点で権限がある以上、それを行使するのは大臣個人の自由でしょう。

大臣が納得できない不透明な部分があるため、その権限を行使しただけです。特に問題はありません。濫用ではありません。民営化がどうこうというのなら、その権限は剥奪しておくべきです。していない以上、鳩山くんの行動は間違っていません。

電子の漂流物オニミキは鳩山くんのカムバックを応援しています。
[PR]

by netnetnet_78 | 2009-06-17 00:22 | 雑記


<< DMC。デビルメイクライではない。      vs部長 >>