2009年 05月 23日

昨今の親知らず事情

現在、ひっそりと虫歯治療中。
虫歯になるのは久しぶりである。

久しぶりになった理由は単純。

今年に入ってから歯を磨かない日が多かったから。仕事が忙しかったため、睡眠時間を優先すると、ハショってしまうことが多くてね。アハハハハ。まー、歯はちゃんとみがこうぜ! みたいな。

痛む前にヤバいんじゃない?
と思っていったわたし、グッジョブ!

3本の虫歯のうち、2本は単純になおせばいいのだが、1本が問題。
親知らずにできているんだね。

「親知らずなんで、抜いちゃいますよ?」

小心者のわたしは小動物のようにぷるぷると震えながら答えました。

「この子は悪くないんです! できれば抜かずに治療してそっとしておいてもらえませんか?」

「HAHAHAHAHA! 親知らずが虫歯になったら抜いちゃうべきですよ。100人中99人の医者が抜くといいます。グローバルスタンダートですよ。HAHAHA!」

HAHAHA。
そうか、グロスタなのか。

そんな日本人の弱そうな説得文句に負けて、引っこ抜くことに。

以下、引っこ抜く手順。

1.消毒薬的な何かを歯茎にぬる。
2.唇の裏にガーゼを詰め込まれる。
3.チクッとするよーと歯茎に注射。
  >状態異常 麻痺発動
4.何か棒状のもので、わたしのかわいい親知らずをイジメ出す。
5.何かシャキーンと音がなる機械的な何かで、わたしのかわいい
  親知らずを削り出す。
6.ペンチにしか見えない何かで、わたしのかわいい親知らずを
  引っ張る。
7.ミッションコンプリート!

上記で10分~15分程度だろうか。
なんか虫歯の治療より簡単だったね。

今まで立派に役目を果たしてくれた親知らずを見ると、なかなかの虫歯っぷりだった。確かに抜かなきゃダメだよなー的な。成仏してくれよ。。。

「もって帰ります?」ときかれて、さすがに「いらん!」と答えた。いやー、1日くらいなら手元に置いて眺めてもいいけど、いらんようになったら、自分じゃ捨てにくいからなwww

というわけで、歯が一本なくなってしもうた。

親知らず抜くのって、いろいろ面倒かと思っていたんだが、意外とラクに抜けるものだね。

ちなみに、別の親知らずの場合は簡単に引き抜けないらしく、口腔外科とかにいかなくてはいけないらしい。親知らずの親玉、ドス親知らずみたいなものか。

注意点としては
・酒を飲むな
・風呂は長風呂はいかん
・うがいは激しくしてはいかん

たぶん、傷口を広げないためだろうかね。

そんな感じ。オチはない。今日の日記を普通に書くと
「今日は晴れでした。歯を抜きました。ちょっと怖かったです。」
ってだけだw
[PR]

by netnetnet_78 | 2009-05-23 14:09 | 雑記 | Comments(4)
Commented by ヴェルギリウス at 2009-05-23 14:37 x
お久しぶりです。
口腔外科で親知らず抜歯すると、術後にかなり痛むので注意してくださいね。
あと、うがいを強くすると血餅が無くなって細菌感染とかする恐れがあるので、注意してくださいね。
Commented by オニミキ at 2009-05-24 18:56 x
>ヴェルギリウスさん
口腔外科って名前自体が危険ですよね。いくときは要注意します。今のところはまだいかなくても大丈夫なのが救いです。

Commented by カツヤ at 2009-05-26 08:55 x
口腔外科なら和歌山医大が有名ですよー。

Commented by オニミキ at 2009-05-31 16:22 x
>カツヤさん
情報ありがとうございます。どうしてもいかんといけなかったら、ちょっと参考にさせてもらいますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 復活計画      パンデミ直前? >>