2009年 05月 17日

何者かを倒しにきたものは、何者かに倒されなければならない

2月くらいから狂ったようにハマっているモンハン。

社会人にあるまじきハマリっぷりで、意外とゲームってできるもんだなwwww と驚いてしまった。

さまざまな部分に極めるべきポイントがあって、やりこもうと思えば、いくらでもやりこめる。ホント、ちょっとしたことにも、いろいろな要素を詰め込んでいる。

それが終わりなきゲームといわれるゆえんであろう。終わるのは、プレイヤーが「飽きた!」となったとき。それが旅の終わりである。

わたし的には「飽きた!」となるのは、まだ一光年ほど遠いと思っているが、とりあえずは、ひとつの終わりはここだろう、と思っている部分はある。

村長クエストの最終章。
「覇龍」アカムトルム討伐。

今日、そのアカムトルムをようやく倒した。
総プレイ時間は200時間ジャスト。

長かった。。。

オンラインモードはほとんど進めていないので、自力で装備をかき集め、踏破した。感無量である。

アカムトルムは土曜日あたりから戦っていたのだが。。。
なんというか、ちょっぴり、くじけかけたw

デカすぎて、いまいちモーションがわからんだな。モンハンはモンスターのモーションを見切るパターンゲーなので、モーションが見えないとキツい。

わたしは大剣使いなのだけど、鉄壁のガードを誇るランス・ガンランスのほうが、与しやすいときき、これは装備を整えるしかないか。。。となかば諦めかけたわけ。

でも、日曜日に、いや、大剣だ。やっぱり大剣なんだ。
もう一度、大剣を信じようと、再び戦いを挑んだ。

いやー。。。「視」えたねw

前日は見えなかった、アカムトルムの全モーションが完璧に見えた。アカムトルムは一発がデカいだけで、動きは遅い。まさに

「当たらなければ、どうということはない!!」

テラ、ニュータイプwwwいや、このときのわたしは、すべて見えていたよw たぶん、アムロにも勝てるwww

40分くらい戦い続けたけど、たぶん、まともに被弾したのは15回もないんじゃないのかな。

こちらは一度も死なずに、アカムトルムの巨体を地に伏せたとき、まさにグランド・フィニッシュ! という感じである。

大剣だよなー。。。
やっぱり大剣なんだよ。。。

前半こそ大剣・ハンマー・ガンランスと使い分けていたが、中盤以降はずっと大剣を使い続けていた。優秀な武器なのだけど、モンスターとの相性によっては、別の武器のほうがよいこともある。今回のアカムみたいに。

何度か挫折しかけながらも、大剣とともに、最後を迎えられたのは非常によいことだ。プレイヤーによって、愛用する武器が違うから。自分が一番だと思う武器でラストを飾れるのはいいことだね。

ちなみに、最終装備はこんな感じ。

武器:ヒドゥンブレイズ
頭 :ギザミSヘルム
胴 :ギザミSメイル
腕 :ギザミSアーム
腰 :ギザミSフォールド
脚 :イーオスSグリーヴ

脚がイーオスなのは、ギザミの脚を作る素材の獄炎石を持っていなかったからw 理由はそれだけ。

スキル
・切れ味+1
・攻撃アップ(小)
・自動マーキング

切れ味+1は、厨スキル。ヒドゥンブレイズと組み合わせると、切れ味が紫になるため、ものすごい火力を誇る。武器は攻撃力じゃない。切れ味と会心率だよ、アニキ!

戦法はいたってシンプル。アカムの右側(相対しているなら、こちらの左側)からひたすら殴りまくる。なので、基本移動は左へ左へ。

アカムが立ち上がったら、すぐに離れてガード。咆吼の場合はガード後に、右前足に移動して殴る。ここならマグマの噴出がない。

アカムがキレたら、一発目にくる咆吼を必ずガード。その後に、モドリ玉を使って即脱出w アカムの激怒は100秒持続なので、怒りが収まるまで、武器を研いだり、HPの回復、回復薬の調合をおこなう。100秒たったら、再び戦場へ。

え? 怒ったら逃げるなんて卑怯だって?
だって、激怒時の攻撃とか直撃したら、死にかけるんだもん。
これがヒトの狩りというものだwwwww

一山越えたので、これからは、ゆっくりとプレイしていくかな。

平日ネットしないとか普通だったからなー。どれだけモンハンやってんだw あんまり使わなかった武器とか使いながら、のんびりと、ね。











モンハンを500時間くらいやっている人との会話。

「アカムまでもうちょっとですわー。倒したらひとつの終わりですよ」
「アカム? なんだよ、まだ中盤じゃんw」

どこまで続くんだ、これw
[PR]

by netnetnet_78 | 2009-05-17 16:14 | 雑記


<< 負け組なのか!? わたしは負け...      もう1年か >>