2009年 01月 05日

百合百合にしてやんよ☆

一年の計は元旦にあり。。。
さて。オニミキさんの正月はどのようにすぎたか。

「百合が咲き誇っていたな」

百合。百合なのだよ。
時代は薔薇でも純愛でもない。百合なのだ。

百合とは乙女同士の愛をさす隠語。
すなわち、ガールズ・ラブ!!!

去年から読み進めていた本はこれである。

姫百合たちの放課後 (ハヤカワ文庫JA)
森 奈津子
早川書房
売り上げランキング: 20436


姫 百 合 た ち の 放 課 後

もう名前が直球である。
ストライッ! バッターアウッ!

表紙のかわいらしさから、ソフトでカワイイものを想像していたら、これがかなりハードで、正直おどろいた。ほとんど根性だけでなんとか読了w

あー、表現が難しいんだけど、なんていうか、手とか足とか縛ったりとかー、足と足の間をダイレクトに触ってみたりとか-、それも触れるというより、なんか、こう、いじり倒しちゃうというかー。てか、出し入れするというかー。

ぶっちゃけ、
女性同士の官能小説です、これw

表紙がかわいらしいから、女子中学生とか手をとりそう。いろいろ問題あるだろ、これwwww あとがきによると作戦らしく、表紙はカワイくても、中身はオオカミらしいw

誰が幸せになるんだよ、それw

何がイヤかというと、お風呂で読んでいたために、微妙に湿気ていて、微妙にシミができていること。うーん。何か変な用途に使ったとか勘違いされないだろうか。。。

違う!
わたしは無罪だ!

えー、この本はオススメしませんw

さて。で、次に手をとったのが、これ。

マリア様がみてる―未来の白地図 (コバルト文庫)
今野 緒雪
集英社
売り上げランキング: 3183


マ リ み て
みなさまご存じの、リリアン女学院を舞台としたお嬢さま小説ね。

いや、たまたまだったんだけど、なぜ、これを手に取ったのやらw たぶん、もうちょっと甘くて柔らかい世界に逃亡したかったのだろう。姫百合はあまりにもビターすぎた。

これは。。。いやー。面白かった。ひょっとすると、今までのマリみてシリーズではナンバー1かもしれない。1巻に比肩する面白さ。登場人物たちの人間関係がわさわさ動く。

また、いいところで終わるんだよねー。これが。
オクテの祐巳ちゃんがついに。。。でも!

ええええええええ!!!!
そこで終わるのかよ!!!

みたいな。
作者に殺意を覚えたのはホント久しぶりw

そのあとにちょっとした短編が入るのだけど、そんなのいいから! いいから! 本編を書け! 書くのだ! と興奮した。いや、この短編も、ふたりの薔薇さまの友情を描いた、いい話だとは思うんだけどねw

で。次は。。。
まだ続くんだよ、この百合の大攻勢w

百合系で萌えてしまうんだが
http://urasoku.blog106.fc2.com/blog-entry-317.html
http://urasoku.blog106.fc2.com/blog-entry-318.html

今度は2チャンのスレまとめ。
これが面白く、ついつい読みふけってしまった。

大学生のスレ主(女)が、親友(女)に恋心を抱いてしまい、告白するべきかどうかを悩んでいる、という内容で、住民の応援を受けながら、彼女との日常をつづっていく話である。

何よりも文体がイイ。

理知的でクールな文体であるため、わりと恥ずかしい心情や行動もバカっぽさがなく、ひきしめられていて、読んでいて甘みがあとを引かない。

あと、同性同士ということで、スレ主がいろいろとためらっている点が興味深い。本人がオクテなのもあるが、それ以上に同性であるため、踏み越えられない一線で迷い続けている。

その手が届きそうで届かない距離感が、実にモニュモニュする。スレ住民もモニュモニュするよ! とのたうち回っているが、気持ちはわかるw

暇なら読んでみてもいいかもね。
実話でも創作でもいいじゃない? 面白ければ。

と、いうわけで。
新年、読んだのはなぜか百合百合百合。。。
まったくもって計画したわけではないのだけど。。。

これがわたしの2009年なのか?

ぶっちゃけ、
どう転ぶんだよ、これwww
[PR]

by netnetnet_78 | 2009-01-05 21:57 | 雑記 | Comments(2)
Commented by Felis at 2009-01-08 00:51 x
そっちの世界に転ぶってことじゃ・・・(´・ω・`)
Commented by オニミキ at 2009-01-08 21:38 x
>フェリすけくん
誰がうまいこといえとw
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 年越し派遣村      リベンジするかどうか。それが問題だ >>